中年は簡単には痩せません!基礎代謝をアップしてお腹の肉を落とす!

有酸素運動は短くても20分は運動しないと効果がないといわれてきましたが、今は長く続けなくても短くても、20分運動していればききめがあるといわれています。

また、筋トレのほとんどは筋肉内のグリコーゲンでエネルギーを生み出す運動ですが、継続する軽い運動、短い時間に行うハードな運動を交互い行うことで効果を向上させることが良い結果を生むはずです。基礎代謝量が高い方についてですが、減量には好都合です。

例えば、椅子に座る場合に背もたれにもたれかからず背筋を、引き伸ばすようにしたり、歩き方を少々注意するだけでも、基礎代謝量を増大することができます。

座り方や歩行が美しくなれば、女性として、魅力も上昇します。二重の利点ですよね。一般的に言われることですが、基礎代謝の平均値は20歳を過ぎたあたりから、だんだん、減っていきます。

これは成長期が終わったこととともに代謝量が安定するようになったことと、運動量の減少のために筋肉量も、それまでの数値よりだんだんと低下しているからです。

30代を過ぎ中年に差し掛かると太りやすくなってしまうその理由はこういうわけなのです。自分が生きていくための必要エネルギーの数値を知ることは必要です。

なぜならば、自分の基礎代謝量の知識なしでは、自分がどのくらいカロリーをとるべきなのか理解することはできないためです。若かったあの時のような無理して減量するのが体力的にやばくなった分、普段から穏やかに数値を考えていきたいと思うこの頃です。

減量をやるのに食事を摂取しないのはダメです。長く続かないし、健康を損なってしまいます。食事を食べながら、カロリーの低いものに置き換えると良いです。

運動を併用する方は、筋肉をつけて脂肪の燃焼効果を強めるため、多たんぱく質で低カロリーが、一押しです。

私は痩せようと思った時、自宅で可能な減量法として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどの運動を行い、筋肉量を増加してからだの基礎代謝が上がりやすくした後に、少し早めのウォーキングを30分以上実行しました。

これを毎日続けたおかげか、2ヶ月で5キロの減量に成功しましたが、継続することは努力がいることでした。

減量をしているときには、ついついケーキなどの太りやすいものを食べたくなることが多いですが、その時はぐっと食べたい気持ちを我慢するべきです。

食べてしまった場合、すぐに体重に反映されてしまうからです。

もし、どうしても食べたくなった場合はカロリーが低い減量のためのケーキを作るように心掛けましょう。痩せるのに有効な運動といえば、エアロビクスです。

減量を貫徹させるためには、使ったカロリーが取ったカロリーを上回ることが大切なのでカロリー消費が激しいジョギングやエアロビクスやサイクリングのような運動がおすすめです。又、体を引き締めて強弱のあるボディラインを作るためには筋トレも一押しです。

減量を実行中の人は運動で減量を行うというのは普通だと考えられますが、時間を決めて行っているでしょうか?なるべく日々、朝だったら朝、夜なら夜などの決まった時間に運動を行っていくほうが痩せやすい体作りを行うことが出来るようになります。

痩せるためにはある程度の努力が必要ではないに決まってます急激に痩せるということは身体に影響が出てしまいますので、ゆっくりと計画を立てた減量方法を選び、それを繰り返して、徐々に体重を落としていくのがいいでしょう。

すぐに減量に成功したといってやめてしまうと、リバウンドが起きやすいので、最低3ケ月は引き続き行いましょう。歳と共にだんだんと身体がたるんできました。

減量するためには運動と食事の管理が一番だとは思いつついっこうに時間が取れずに実施に移せませんでしたが、この間、久方ぶりに体重計にのってみてはっとしたんです。

第一に無理なく運動をするために、日々の交通手段を歩きに変えることから始めてみました。これで少しでも細くなると嬉しいです。

減量に効果があるのは有酸素の運動と筋トレです。

遅筋は有酸素運動をするときに主に使われる筋肉ですが、筋トレで使われているのは速筋です。遅筋という筋肉は筋が肥大しにくく、見た目にマッチョになりにくい筋肉です。この、遅筋と速筋の両方を同時に鍛えると、憧れのスタイルになれるかもしれません。

痩せよう!と頑張って実行していると自分自身に厳しい食事制限を立ててしまう人もいますが、食事を取らないなどの無理な減量は辞めたほうが良いです。

というのも、食べ物を制限していてもお腹が減ってしまったら無茶をせずに食べるようにしましょう。できるだけカロリーが低いのものを食べるようにすれば体重が急に増えたりすることもありません。

減量が継続できないという場合は、体重を減らすことに成功した方の体験談を聞くことをおすすめします。インターネットなどで見かける記事などは信じられない方も多いと思うので、できることならば自分の身の回りの方の体験を直接聞いてみることをお勧めします。

成功例に触れることでモチベーションを上げることができます。

出産を経験し、増えた体重とぶよぶよのおなかを元に戻すために、減量と平行するかたちで人生初の筋トレをしました。完全母乳で育児をしていたので、大して減量をすることができなかったのですが、筋トレはたくさん熱心にしました。そういったこともあり、半年ぐらいでほぼ元のスタイルになることができました。
続きはこちら⇒加圧インナー お腹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です