女性のためのバストアップ講座!自宅でもできるバストケアをピックアップ

女性の永遠の悩みとも言えるバストの大きさ。

小さいバストよりは大きいバストの方がいい、ただ単に大きいだけじゃなく、形もいい方がいい。

そんな風に、理想のバストを求めてあれこれ試したことがある女性は多いと思います。

バストの大きさや形によって、ボディラインも全然変わってきますからね!

ここでは、主にバストアップについて自宅でできる方法を中心にご紹介していきます。

 

まずは、バストアップクリーム。バストアップのクリームには女性ホルモンの分泌を促す成分が入っていますので、胸を豊かにする効果が期待できるでしょう。バストアップクリームを「塗る」というよりは、肌によく染み込むように丁寧にマッサージをする方が効き目が体感できます。というものの、使ったからといってすぐ胸が豊かになるというわけにはいきません。豊かな胸を作るエクササイズを継続することで、紹介したバストアップの運動を知ることもできます。

バリエーション豊かな運動方法が存在しますから、自分が続けやすいのはどれかを試してみてバストを支える筋肉を強化するようにしてください。止めないで続けることがばすとアップの早道です。そして、もしバストアップに興味があるなら、毎日お風呂に入るのがおすすめです。お風呂に入れば血の巡りをよくすることができますから、あなたの胸に栄養を届けることができます。血の巡りがよくなった状態の時にバストアップのためにマッサージを行えば普段よりもさらに効率よくバストアップを狙えます。もしお仕事などで超忙しい時は、シャワーでバストの辺りをマッサージすることで、時短を狙うこともできます。

 

また、よく言われることですが、姿勢を正しくすることでばすとアップにつながるということを意識しましょう。猫背の人は体のライン的に胸が強調されませんし、成長に必要な血行を抑えてしまうので、育つはずの胸も育てません。きれいな姿勢を続けるためには何が必要でしょう。それはまず筋肉です。ですが、筋力が必要最低限、身についていないと、美しいばすとをつくることができないでしょう。なれないうちは苦労するかもしれませんが、常に心の中で思い出しながら、正しい姿勢を目指すようにこころがけてください。胸を大きくするのにもいろいろとありますが、毎日コツコツ続けることがお金を無駄遣いせず、悪影響が体に出てしまうこともないでしょう。これは何よりもバストアップで覚えておいてほしいことです。

 

しかし、どうしてもすぐにバストアップしたいなら、プチ整形という方法もあります。お金はかかってしまいますが、豊胸になれること間違いなしでしょう。また、胸を大きくするためのサプリを飲むこともオススメです。サプリは今はいろんな種類が出ていますが、続けやすいもの、安全性が高いものを選ぶことが大事です。

 

胸を大きくしたいとお考えなら、筋トレも試す価値があります。筋肉を鍛えれば下からバストが支えられて、胸が大きくなりやすくなるのです。ただ、筋トレだけに頼っていても完全に胸が大きくなるとは言えないので、並行して違う方法を行うことも続けなければなりません。例えばぐっすり眠ったり、血行を良くすることも必要です。

食べ物の中でばすとアップが望めるものと言ったら、よく大豆製品や鶏肉、キャベツの名前が上がりますが、効果のある食材の摂取をしても、必ずしも胸が大きくなる保証はありません。バランスよく栄養を摂らなければ、むしろ胸を大きくするどころか効果が表れにくくなってしまうので、バランスよく栄養を摂取するよう心がけましょう。

 

加えて、栄養をバストまで行き渡らせるため、血の巡りを良くするようにしましょう。ばすとのカップ数を上げたい場合、豊胸エステという選択もあります。エステで胸へのケアを行えば形を整え、美しく、バストアップをすることができるでしょう。一度や、二度で終わらせず、続けて行くことで徐々に胸が大きくなることもあります。

しかし、お金が入り用となりますし、整形とは違いますから、保つための努力をしないと、また、小さな胸に逆戻りです。バストアップに有効といわれるツボを、押してみてはいかがでしょうか。だん中・天渓・乳根と呼ばれるツボがバストアップさせるツボであるとして知られています。これらのツボを刺激することによって、血液の循環がうながされたり、女性ホルモンが多く出るようになったり、乳腺を発達させたりするといわれていますが、効くのにある程度時間がかかります。もうちょっと胸が大きくならないかなと思いつつ、遺伝の問題だから仕方ないと考える女性も多くいることでしょう。意外かもしれませんが胸の大きさは遺伝以上に生活環境による影響が強いだろうというのが専門家の意見です。

 

ですから、豊胸手術に踏み切る前に、普段の生活を見直してみませんか?バストアップを妨げる生活習慣を行っているせいで、胸が小さいのかもしれません。サプリを使用によるバストアップが効果的かというと、たくさんの方が効果を実感しています。胸の成長を促す働きが期待される女性ホルモンの分泌を促進する成分がサプリに濃縮されているため、ばすとアップが体の内側から可能となるでしょう。ただし、女性ホルモンが増えすぎて生理周期が変わってしまうケースもあるという事例も見受けられます。過剰に摂取したりタイミングを誤ることがないように気をつけてサプリを使用してください。

近頃では、胸のサイズアップができないのは、遺伝に左右されるよりも日々の生活が似ているのが原因というのが研究により明らかになってきています。不適切な食生活や運動不足、夜更かしなどが、ばすとアップを邪魔している可能性があります。親子、姉妹間のバストサイズの違いは、多くみられる傾向ですから、あきらめる必要はありません。

バストアップ効果抜群といわれる食品では、豆乳が最も有名ではないでしょうか。豆乳は大豆イソフラボンを多く含み、その働きとして女性ホルモンに似た作用があるのだそうです。現在では、飲みやすいように独特の臭いを消した豆乳も作られるようになっていますから、豆乳を多く摂ることを心がけるのもいかがでしょうか。しかし、がぶがぶとあまり飲みすぎるのはありません。バストを大きくするのには日々の習慣がすごく関連しています。ばすとが小ぶりな人は知らないうちに、胸の発育を閉ざしてしまうような生活習慣が板についてしまっているのです。

胸を成長させるには、日々の行いを見直してみることが重要です。どんなにばすとアップのために努力しても、生活習慣が妨げて効果を示さないこともあります。バストのボリュームアップには腕を回すのがいいといわれています。バストアップ効果が得られるエクササイズは面倒になってしまうとなかなか続けられませんが、腕回しならふと気がついた時にもすぐに実践できると思います。腕を回すことで肩のコリもほぐれて血のめぐりにも効果がありますし、筋肉トレーニングにもなるのではないでしょうか。当然ながら、ばすとアップ効果も期待できます。

女性たちの間で一番人気があるバストアップ方法は、現在のところ「バストアップサプリ」かと思います。特に、プエラリアミリフィカというタイ原産の植物エキスを使ったサプリは、バストアップに効果が高いということで、日本だけでなく世界中で愛飲者が多いんですよね。

ただ、効果が高い分、副作用のリスクもあると言われています。詳しくはこちらの記事を読んでみてください:プエラリア副作用とは?

もしあなたがリスクをとりたくないなら、プエラリアが入っていないサプリを使った方がいいかもしれませんね。